アレルギー緩和に効果的!べにふうき茶の魅力

花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー症状の対策に話題のべにふうき茶。その成分や効果・効能をご紹介します。

べにふうき茶とは

べにふうきは、紅富貴と表記する独立行政法人 農業技術研究機構 野菜茶業研究所で育成された紅茶用の品種の茶儒です。 中国系の代表的な茶樹であるダージリンと日本のべにほまれを交配して作られました。 べにほまれは、昭和初期に日本でも紅茶を作ろうという試みがあり、当時多田元吉という人がインドから持ち帰った種子を育て、 その何世代目かにあたる改良品種です。

べにふうきには渋味の成分であるカテキンのうち、花粉症に効果があるとされるメチル化カテキンが他のお茶より多めに含まれている事がわかっており 近年注目されています。

べにふうき茶樹の特徴は、肉厚で大ぶりな茶葉で日光を浴びやすく、枝が横広がりに成長する生命力の強さが特徴です。

最初は紅茶用に開発されたべにふうきですが、紅茶を作る際に行う工程で花粉症に有効なメチル化カテキンが消滅してしまうことから、 緑茶として加工されるようになりました。元々は紅茶用なので緑茶として飲むには少し渋味が強いという特徴を持っています。

花粉症に効くメチル化カテキン

人体には本来免疫機能が備わっています。病原菌や健康維持に必要不可欠ではありますが、過剰に反応してしまうこともあります。簡単にいうとこれがアレルギーのメカニズムです。
アレルギー疾患にかかるとlge抗体が生成され、ヒスタミンという物質を放出します。 花粉症などのくしゃみや目の痒みはこのヒスタミンのせいなのです。 アレルギー疾患に効果があるといわれている「メチル化カテキン」はヒスタミンの元であるlge抗体に対して効力があるのです。 このメチル化カテキンはべにふうきなど数少ない限られたお茶にしか含まれておらず、即効性があるのが大きな特徴なので、個人差はありますが飲むとすぐに効き目が実感できるはずです。

アトピーにも効くストリクチニン含有

べにふうきには、メチル化カテキンの他にも重要な成分「ストリクチニン」が含まれています。 「ストリクチニン」とは、抗アレルギー成分であり、アレルギー原因となる抗体の生成を抑える物質です。
このストリクチニンが、アレルギー症状を改善する効果をもっているためアトピーなど花粉症以外のアレルギーに悩む方にもべにふうき茶はおススメなのです。

お茶画像