眼精疲労を詳しく知ろう

眼精疲労の原因・仕組みなどの情報を載せていきます。

眼精疲労とは

「目が疲れる」「目が痛い」 日々生活する中でこういったことは皆さんも経験ありませんか? ただの疲れ目なら目をマッサージしたりすることで治りますが、中々治らないものもあります。 そういった頑固な症状は、医学的に「眼精疲労」と呼ばれ、疲れ目と区別されます。 眼精疲労を放置すると症状を悪化させ、さらには健康に悪影響が及ぶこともあります。 眼精疲労は自然に治ることはなく、早めの診察を受けることで適切な処置や対策を立てることが重要です。 それに目だけではなく体の他の部位が原因の場合もあるので軽視することは好ましくありません。

眼精疲労の症状

目が疲れる、ぼやける、かすむ 目が痛い、充血する。目が重い、しょぼしょぼする。 まぶしい、涙が出る。こういった症状が目に現れます。 その他、肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気など 目以外にも症状が現れます。
これらの症状以外にもおかしいと感じたらまず診察することが早期治療の近道です。

眼精疲労の原因

すでに目に病気を患っているケース

近視や乱視、老眼など…
近視や乱視が進むと、眼球内部の網膜にピントを合わせようとして、毛様体(水晶体の厚さを調節する筋肉)が 緊張します。そして目を凝らしたり姿勢が乱れる(首を前に出すようような姿勢になる)ことで、目が疲れ、首や肩の筋肉が凝り眼精疲労を 患います。その他、メガネやコンタクトレンズの度が合ってない場合でも眼精疲労が起きたりします。
ドライアイ…
目の表面が乾燥する病気です。日中PCを見続けていたり目を酷使する人がなりやすく、しばしば眼精疲労を伴います。
緑内障…視神経に障害がおこり視野が狭くなる病気です。放置すると失明の危険性もあります。 緑内障の症状がある人は眼圧が高い人が多く、眼圧が高いときには頭痛が起きやすくなります。
白内障…眼球内部の水晶体が混濁する病気です。白内障自体は手術で治せますが手術後に見え方が変わり、眼精疲労の原因になることもあります。
斜視、斜位…
両目が左右別々に向いてしまうことを斜視といい、眼精疲労の原因になります。 斜位とは、真っ暗な場所など視線を合わす対象がない場合、左右の眼が別々の方角を向いていることです。 物を見る際に、左右の視線を合わせる努力が必要になり、眼精疲労が起きます。
眼瞼下垂…上まぶたが垂れ下がる病気です。視野の上のほうが見え辛くなり眼精疲労の原因になります。

体の病気が原因のケース

かぜや更年期障害、自律神経失調症や虫歯などでも眼精疲労になることが多く、その他の病気でも眼精疲労が起こることがあります。

目を酷使したりストレスが原因のケース

上記にもありますが日中PCや視線を集中させる環境長い時間いると、目の負担もそうですが体に負荷がかかりやすく眼精疲労になりやすいです。 適度に休憩をとるなど対策をしましょう。

眼精疲労の対策

メガネが合っているか確認

メガネが合っていないにも関わらず長期間使用するのは目に負担がかかります。一度確認しましょう。

生活の見直し

座っている時の姿勢や部屋の明るさも重要です。自分の体にあった椅子や十分な明るさのライトなどを選びましょう。
その他、睡眠不足や喫煙も眼精疲労の原因になりえます。体の負担にならないような暮らしを心がけましょう。

ストレス発散

ストレスが眼精疲労を起こし、それがまたストレスになる悪い循環に陥ることもあります。スポーツや趣味の時間を作ることでリフレッシュすることが重要です。

早めの診察

生活の見直し、ストレス発散などでも治らない場合、すでに何か目の病気に罹っている可能性があります。早めの診察がおすすめです。

目の不調